マニュアル露出
中国・韓国・北朝鮮

カテゴリ:中国・韓国・北朝鮮 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17−19歳の韓国人男性の95%が包茎手術を受けていた件

1 : アムールヤマネコ(京都府):2013/01/13(日) 00:15:15.85 ID:+R6h2Ho70
包茎手術を受ける男性がこの10年間に大きく減ったことが明らかになった。ソウル大のキム・デシク教授(物理天文学部)と中央大のバン・ミョンゴル教授(動物資源科学)
教授らは昨年12月11日、科学誌「BMCパブリックヘルス」に「韓国男性の包茎手術の減少」という論文を発表した。

論文によると、00年当時、過去10年間に包茎手術を受けた男性は全体の75.7%だったが、2011年には25.2%に減った。10年間で3分の1に減少したのだ。
00年の調査は0−92歳の男性5434人、2011年の調査は0−64歳の男性3296人が対象だった。

特に包茎手術をよく受ける年齢の14−19歳の手術比率が落ちた。14−16歳は00年の88.4%から2011年には56.4%、17−19歳は95.2%から74.4%に
減少した。キム教授は「年齢別人口を考えると、10年間に最小100万件の包茎手術が減ったと推定される」と述べた。

http://japanese.joins.com/article/145/166145.html?servcode=400&sectcode=400

【17−19歳の韓国人男性の95%が包茎手術を受けていた件】を読んだネットユーザーの反応
スポンサーサイト

福岡の病院で、毎月500人の韓国人が人体実験されている!と韓国人大激怒

1 : リビアヤマネコ(やわらか銀行):2012/12/24(月) 11:14:43.29 ID:qpnLGLClT●
「福岡で毎月500人の韓国人が幹細胞手術」
2012年12月24日08時36分

福岡の病院が韓国人を対象に安全性が検証されていない幹細胞手術を行っていると日本のメディアが報道し議論を呼んでいる。

毎日新聞は22日、福岡市博多区の新宿クリニック博多院が韓国のバイオベンチャーRNLバイオから患者の紹介を受け、同社が培養
・保管する幹細胞を、同院で複数の日本人医師が点滴や注射で投与していると報じた。毎月500人近い韓国人にこうした治療を実施し
ているという。

同紙によると、病院側は「韓国人に、本人の脂肪から取り出した『間葉系幹細胞』を投与している」と説明し、糖尿病や心臓病、関節リウ
マチ、パーキンソン病など多くの病気を治せるとしている。

また、「R社は幹細胞の保管料などとして患者と1000万〜3000万ウォン(80万〜240万円)の契約を結ぶ。日本など規制がない外国
の医療機関に協力金を支払い、患者を紹介する」と報じた。韓国では幹細胞を利用した治療行為が薬事法で禁止されているが、日本では
規制がない点を利用したものだ。

韓国のバイオベンチャーの紹介で2009年からこれまでに日本で幹細胞手術を受けた患者は3702人。延べ5399回に達した。同社は
中国にも患者を紹介し、2008年以降に1万1489人が2万2075回の投与を受けた。

問題は安全性だ。同紙は「動物実験では、幹細胞投与後に血管が血栓で詰まり死ぬ例が報告されている」とし、幹細胞治療の効果や安
全性をめぐっては多くの課題があるとしている。2010年には同社が所有する京都市内のクリニックで、幹細胞投与を受けた糖尿病の韓国
人男性が、肺塞栓で死亡したという。

病院側は、「ほかに治療法がなく幹細胞に最後の望みを託す患者もいる。今は韓国人対象に勉強も兼ねた準備の段階だが、将来は日本
人にも投与したい」と話している。
http://japanese.joins.com/article/442/165442.html?servcode=400&sectcode=410

【福岡の病院で、毎月500人の韓国人が人体実験されている!と韓国人大激怒】を読んだネットユーザーの反応

【超悲報】 Youtubeのロゴの横に江南StyleのPSYが・・・・

1 : オセロット(兵庫県):2012/12/19(水) 01:32:28.52 ID:7bZm8/qj0
http://www.youtube.com/

【【超悲報】 Youtubeのロゴの横に江南StyleのPSYが・・・・】を読んだネットユーザーの反応

中国のHPを日本語でハッキングしたように見せるも、さすがの中国人も身内の犯行だと一発でわかるほどの酷さ

1 : ベンガルヤマネコ(栃木県):2012/11/08(木) 10:21:53.57 ID:H4L4od8i0
中国バスケ協会のホームページを日本人ハッカーが改ざん!? その日本語がどう見てもおかしいと話題に

2012年11月6日20時頃、中国バスケットボール協会(CBA)の公式サイトが何者かによりハッキング、
改ざんされた。しかも書き込まれた内容が、尖閣諸島に関連したものでしかも日本語のようだというのだ。

このハッキング騒ぎは一部で「日本人がCBAサイトを改ざんした」としてネット上に流れた。
だが、書かれている日本語はとてもネイティブが書いたものとは思えないレベル。
これにはさすがに中国人も「どう見てもおかしい」と気づき話題となった。そのおかしな日本語は以下の通りだ。

「釣魚島は私達の日本、中国の支那猪。大日本帝国の技術は1位をキープしている!」(画像より引用)

完全におかしい日本語である。だが、違和感は文法的な話だけではない。画像を見るとわかるが、
使用されている漢字は日本語の漢字ではなく、中国大陸で使われている「簡体字」。
「釣魚島(中国における尖閣諸島の呼称)」や「猪(中国語でブタの意)」など、中国語のままと見られる表現も残っている。
 
このハッキング騒動に、中国のネットユーザーは

「80パーセントの確率でグーグル翻訳」
「日本人は釣魚島なんて言わねーだろ」
「文法も変だし、日本語の漢字じゃない(笑)」
「これは日本語がわからない中国人の仕業だな」
「自作自演とみた」
「1文字目で日本人じゃないってわかったわ」
「日本人のフリする前に勉強しろよ(笑)」
「バカじゃないの?」
「ネット民のコメントが結構良識的で笑った」

などとコメント。ハッカーは特定されていないものの中国人犯人説で盛り上がっている。
http://rocketnews24.com/2012/11/07/264891/
1_20121108183816.jpg

【中国のHPを日本語でハッキングしたように見せるも、さすがの中国人も身内の犯行だと一発でわかるほどの酷さ】を読んだネットユーザーの反応

「よく勃つから」という思春期に当たり前の理由で自分のチンコを切断した17歳少年の話

1 : コドコド(東京都):2012/11/07(水) 11:56:02.37 ID:DLx+YNoN0●
「よく勃つから」とペニスを切断した17歳の少年—福建

一昨日午前10時、福建省泉州の安渓県の自宅で、17歳の少年がナイフを使って自分のペニスを切断。病院に搬送されて再接合手術を受けました。少年はペニスを切断した理由を「よく勃つから」と述べています。
安渓銘選医院急診科の医師によると、少年が病院に運ばれてきたのは一昨日の午前でした。
少年はベッドの上でナイフで自分のペニスを切断したらしく、叫び声を聞いた両親が惨状を見て腰を抜かし、近所の人に車を出してもらって少年を安渓銘選医院に運び込んだといいます。
急診科ではとりあえず止血を施しましたが、傷がひどいため、福建医科大学付属第二医院に少年を移し、そこで明け方までかかって接合手術が行われ、成功しました。
時間とともに性機能も含めて完全に回復するものとみられています。
少年がペニスを切断した理由というのは「よく勃つから」というものでした。とにかくよく勃起する。ときには真っ昼間から公然と勃起する。それが彼には恥ずかしく、嫌気がさして思い悩んだ末の行動だったと医師に説明しています。

少年の母親によると、少年は勉強が嫌いだったのと成績もよくなかったことから、初二(中学2年)で学校を中退、その後コンピューター関連の講座で学んだもののこれも続かず、ここのところ1年ほどは家にこもっていたといいます。
「ふだんはとても利口な子で、ご飯を炊かせてもおかずを作らせても上手でした。でも人付き合いが苦手で、家にはパソコンもないことから何もすることがないようでした」。
少年がペニスを切断するに至った理由はおよそ思いつかないと母親は述べます。

http://www.hvn4u.com/archives/21150#more-21150


【「よく勃つから」という思春期に当たり前の理由で自分のチンコを切断した17歳少年の話】を読んだネットユーザーの反応
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。